MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX11 ホイール関連 MARCHESINI

870110823

MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX-11 ホイール関連 MARCHESINI

MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX-11                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI

■商品番号
MA159.220RA

■商品概要
フロントリムサイズ:3.50-17
リアリムサイズ:5.50-17
素材:鍛造用アルミニウム(Al) AA6009/T1
製造法:鍛造製法 (Forged)
付属品:アルミニウム製エアバルブ(ストレート仕様)

●レース使用可能
●スクエアタイプ・ダンパーシステム採用
●JWL規格適合品

カラー:HONDA ORENGE(ホンダ系オレンジ)

マルケジーニホイール専用スプロケットはこちら
ベアリングはこちら
オイルシールはこちら
エアバルブはこちら
アルミニウム鍛造ホイール用リムステッカーはこちら
M10S Kompe Evo用ダンパーラバーはこちら
重量データはこちら(※重量データが未掲載の車種がありますのでご了承ねがいます。)

■適合車種
▼KAWASAKI
ZX-11 【年式】93-97【適合その他情報】D1-D5 (RR)MT5.50-17
ZX-11 【年式】98-01【適合その他情報】D6-D9 (RR)MT5.50-17
ZZR1100 D【年式】93-97【適合その他情報】D1-D5 (RR)MT5.50-17
ZZR1100 D【年式】98-01【適合その他情報】D6-D9 (RR)MT5.50-17

■注意点
※専用スプロケットは別売扱いとなります。
※画像はスポーク形状のイメージのため、ハブの形状は車両によって異なる可能性がございます。
※各色の画像(画



MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX-11                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI 通販サイト ウェビック2号店 MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX-11 :20345702:ウェビック2号店
MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX-11                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI 通販サイト ウェビック2号店 MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX-11 :20345702:ウェビック2号店 MARCHESINI マルケジーニ  アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo [コンペエボ]などのバイク用品通販はウェビックでどうぞ
MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX-11                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI 通販サイト ウェビック2号店
MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX-11                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI 通販サイト ウェビック2号店 MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX-11 :20345702:ウェビック2号店

像5)はイメージです。ホイールの色は撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。


MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX-11                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI 通販サイト ウェビック2号店 MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX-11 :20345702:ウェビック2号店 MARCHESINI マルケジーニ  アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo [コンペエボ]などのバイク用品通販はウェビックでどうぞ MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX-11                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI 通販サイト ウェビック2号店 MARCHESINI マルケジーニ アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo コンペエボ ホイール本体 KAWASAKI ZX-11 :20345702:ウェビック2号店 MARCHESINI マルケジーニ  アルミニウム鍛造ホイール M10S Kompe Evo [コンペエボ]などのバイク用品通販はウェビックでどうぞ
*他サイトのためヤフーの警告が表示されますがそのままお進みください。
*情報が表示されない場合はメーカお取り寄せ品となります。
レーシングホイールを起源とする性能とデザインのハイパフォーマンス鍛造製アルミニウムホイール…
“M10S Kompe-Evo”
このホイールはマルケジーニが多くの経験によって蓄積したテクノロジーのすべてを注ぎ込んだ本格的なスポーツホイールで、バイクの基本性能向上を約束するとともに、安全性・信頼性のレベルにおいても一切妥協することのない設計と開発がおこなわれています。
性能レベルでは後継のM7RS Genesiにその座を譲った形のM10S Kompe-Evoですが、M10Sシリーズの最終進化型ホイールとしての熟成度は魅力です。
※このホイールはM10S Kompeの進化型(Evolution)後継モデルとなります。
◆詳細製品スペック◆
【製造法】
[鍛造製法 Forged ]
・熱間鍛造
・専用金型採用(Exclusive Mold)
・多方向同時プレス鍛造(Total Formed Forging System)
・15000t級鍛造プレス
・CNC(コンピュータ制御)による最終形状切削加工仕上げ
【デザイン】
[5×10本“Y字”スポーク]
・軽量化と剛性値の理想的なバランスを確立したレーシングデザイン採用
【基本構造】
[ハブ]
フロント・リアともに「中ぐり切削加工(画像6)」を施した中空ワンピース構造を採用
※フロントホイールは「ディスクアタッチメント構造(画像7)」を採用する仕様があります。
※リアホイールは「ディスクアタッチメント構造(画像8)」を採用しています。
[スポーク]
基本フォルムはM10R Corseと共通ですが、専用のスポーク断面構造設計をおこなっています。
[リム]
MT型チューブレス構造
【ダンパーシステム】
スクエアタイプ・ダンパーシステム採用(画像9)
・機能性と耐久性を兼ね備えたダンパーシステム
【関連部品】
ホイールを構成する部品素材は主にA7075系(超々ジュラルミン)を採用。
CNC切削加工仕上げにより製作されます。
軽量化と信頼性の両立を実現すると同時に機能美にこだわったデザインを追求。
表面処理はアルマイト仕上げ。
【塗装】
仕上げは耐久性に優れた高品質ウレタン塗装を採用。
【アルマイトモデル】
アルミニウム素材の特性を利用したアルマイト仕上げモデルを設定。
【安全基準】
JWL規格を基準とした安全レベルをクリアーした製品です。

【製造国】
イタリア (MADE IN ITALY)
【製造メーカー】
Brembo S.p.A.
Via Brembo.25 24035 CURNO (BG) Italy
【鍛造:Forged】
現在製造されているマルケジーニホイール(※1)は、マグネシウム製・アルミニウム製ともに「鍛造製法」によってつくりだされています。
鍛造とは、古くは鍛冶屋(かじや)の技術に起源があり、金属を希望する輪郭(形状)になるまで各方向からハンマーでたたいて(=鍛えて)製品をつくり上げる製法を言います。
ホイールの鍛造製法は高温状態の金属を高圧プレスで圧縮して「ブランク材(※2)」を成型することから始まりますがその原理と目的は同じです。
鍛造品の代表的な特徴は、この工程を踏むことによる「金属諸特性(強度、伸び率など)の向上」にあり、ホイールの場合は軽量化と安全性の向上において大きな期待ができる製法と言えます。
鍛造品の技術的観点における基本性能は、金属中の結晶粒度および熱処理状態によって決定します。しかし本来、鍛造によって得られる最大のメリットは金属組織中に生じる「MFD(Metal Flow Direction=金属流れ)」にあり、鍛造品質はこの特性の活用レベルによって差を生じます。
MFD特性を理解し最大限に活用することこそが理想的な鍛造製品を完成させる上での王道であり必須条件となります。
(※1) 対象ホイールはアフターマーケット用ホイール。車両メーカー向けOEMホイールを除きます。
(※2)圧縮成型後の切削加工仕上げ前の鍛造品の原型と言える素材。●鍛造された金属組織断面イメージ
鍛造することによって金属組織中の結晶粒度が高まり、金属の諸特性(強度・伸び率など)は向上します。結晶粒度のレベルは鍛造プレスの能力(圧力)に依存します。
また、鍛造品には圧縮により変形を受けた方向に金属組織が整列するという特性があり、金属組織中には植物の繊維や木材の木目のようなイメージのMFDがつくり出され、一般的に金属諸特性はMFDの方向と直角方向に最大値を示します。結果としてホイールという部品にとって理想的なMFD特性を与えた鍛造品をつくりあげることが性能向上の鍵を握っているのです。●多方向同時プレス鍛造法(Total Formed Forging System)
マルケジーニはMFD特性を最大限に活用した高品質鍛造品をつくりだすために専用鍛造金型(Exclusive Mold)を用いた多方向から圧縮が可能なプレス設備により鍛造をおこなっています。
このシステムの採用によってホイールという部品の各部の性能・信頼性を高めることができるのですが、その中でも最も有効な部分はリム部分の性能向上にあります。リムに作用する基本的な負荷(衝撃・荷重)は路面からほぼ直角に入力しますが、この鍛造法によってリム部には入力方向に対して最大値を示すMFDが形成されますので、軽量化と信頼性(耐久性)を高い次元で両立することができます。【構造:Structure】
マルケジーニから提供されるアフターマーケット向けホイールは、レーシングホイールはもちろんのこと、ストリート用ホイールについても“ハイパフォーマンス”の追求を最優先した設計・開発がおこなわれています。
ここではリアホイール(M10R Corse)のカットモデルを参考とした各部の解説をおこないます。
●ハブ部
ハブ内径を可能な限り大きく設計することがポイントとなります。その基本的な理由はハブ内径を大きく設計すること=ハブ剛性向上およびスポーク長さの短縮につながり、軽量と高剛性を両立できるからです。 ホイール全体の土台と言えるハブ構造に対するマルケジーニの設計思想は一貫しており、CNC切削加工によって最終仕上げがおこなわれる現在の鍛造ホイールにおいても、ハブ内部を手間のかかる「中ぐり加工」を施すことによって、軽量・高剛性の大口径中空ワンピース構造に仕上げています。
●スポーク部
スポークとはリムを支えるための柱であり、その構造によってリム部の軽量化と剛性に差が生じます。基本的にはスポーク本数が多いほどリム部軽量化に有利と言えますが、その理由はスポーク間距離が短くできるという単純なものです。ただし単にスポーク本数を多く設計したのではスポーク自体の質量が増えてしまい、ホイールの高性能化においてはマイナス要因となります。そのためリムの軽量化を目指しながらもホイール全体の剛性バランスなども含めた設計が要求されるのですが、マルケジーニはこの条件に真正面から向き合い、切削の難易度やコストが上昇することを承知した上で性能を最優先するためのスポークデザインと断面構造を追及しています。
●リム部
高性能ホイールにとってリム部分は回転慣性重量(モーメント)軽減のために最も軽量化を達成したい部分です。その効果はモーターサイクルという乗り物にとっては特に有効と言えますが、リムの軽量化は強度・耐久性(安全性)の観点からはとても慎重な設計が求められます。現在のマルケジーニホイールはハブおよびスポークとの総合的なバランスを追求することによるリム軽量化と同時に、理想的なMFD(Metal Flow Direction=金属流れ)を形成することのできる独自の鍛造製法を採用することによって、強さと軽さを兼ね備えたリム構造を確立しています。
●フィッティングパーツ
スプロケットホルダー・ディスクアタッチメント・サイドカラーといったホイールを構成する各部品は、ジュラルミン素材(A7075/A2017)をCNC切削加工することによって製作されています。関連部品の設計においても、こだわりをもって軽量化と機能美を追求しています。

yhzgy yhzgz yhzgu yhzgw yhzgf yhzgg yhzga yhzgi yhzgj yhzah

 朝の通勤時間に、密かにやっているトレーニングあります。

 通勤ルートのあちらこちらに、小さな変化を見つけるためのチェックポイントを設定し、1秒でも2秒でも、そこに目を向けることです。

 立ち止まらずに見てパッとわかるモノ・コトをチェックの対象としています。

 時間的、物理的な拘束はありません。もちろん忍耐や苦痛を強いるものでもありません。ただ注目するだけです。それでも、毎日続けていけば成果が少しずつ現れます。

 というのも、変化に気づくことは、アイデアや企画を考える上で、大切な力になるからです。

 世の中の流れを変える、あるいはマーケットや競合の状態を変える、そして商品を変え、人の気もちを変える。簡単に言えば、新しいアイデアや企画は「何かを変える」ことです。変えたいと思うならば、まず自分自身が変化に敏感である必要があります。

 先入観や常識に支配されていると、小さな変化が視界に入ってこないものです。でも実際にはいろいろなモノゴトは刻一刻と変化しています。その小さな変化に気づく体質を維持するために、僕は毎朝トレーニングしているわけです。

 それでは、僕が設定しているチェックポイントを順に紹介しましょう。

(1)
自宅から駅まで――近所や公園の花木(特に変化豊かな広葉樹)
(2)
自宅の最寄り駅――フリーペーパーが置かれている棚
(3)
電車の中――車内の広告やモニター映像
(4)
乗り換えホームやエスカレーター――駅に貼ってあるポスター
(5)
会社の最寄り駅――軒先の期間限定ショップ(名店が入れ替わりで出店)
(6)
駅から会社まで――雑貨店・CD店・カフェのショーウインドウや店頭ポスター

 どのチェックポイントでも、変化しているところだけ注目します。日々の小さな変化を敏感に感じるためには、花木のチェックは欠かせません。意識し始めると、都会でも玄関先や舗道など、思った以上に花木が多いことに気づかされます。毎朝続けていると、季節の移り変わりも感じられ、爽やかな気もちにもなれます。

 こうしてちょっとしたチェックポイントを設定するだけで、いつも見逃していた変化に自然と気づくようになり、これまでいかにまわりが見えていなかったかが実感できます。

 Salesforceがチャネル販売を支援する新たなツールを「Sales Cloud」に追加した。

 同社は「Sales Cloud Partner Relationship Management(PRM)」アプリを発表した。パートナーやディストリビューター、リセラーの販売実績をより効果的に管理および追跡することが狙いだ。これまで、顧客は多くの場合、Salesforceプラットフォーム上でパートナーのアプリや体験を拡張する必要があった。

 Salesforceのプロダクトマーケティング担当シニアディレクターを務めるGreg Gsell氏によると、同社はCRMから学習したことを、ターンキー(すぐに使える状態の)アプリにまとめたという。

 SalesforceのPRMアプリは数回のクリックでパートナーコミュニティーおよびポータルを構築し、チャネルと直販を統合する機能を顧客に提供する。

 今回のSales Cloud Partner Relationship Managementの発表は、「Einstein High Velocity Sales Cloud」機能のローンチに続くものだ。

 Sales Cloud PRMには、以下の機能が含まれる。

  • チャネルマネージャーがアプリを設定およびデプロイするためのセットアップウィザード「New Guided Setup Wizard」。
  • コンテンツやグラフィックス、動画のコンテンツ管理システム「Lightning CMS Connect」。
  • 「Einstein」AIを使用するコンテンツレコメンデーションエンジン「Einstein Content Recommendations」。
  • 電子メールによるキャンペーンの作成や追跡、分析からカスタマージャーニーを作り出すなど、チャネルマーケティングを支援する「Channel Marketing Automation」。

 Sales Cloud PRMは米国で一般向けに提供が開始されており、メンバー1人につき月額25ドルで利用できる。「New Guided Setup Wizard」「Einstein Content Recommendations」「Channel Marketing Automation」は、2017年後半に提供予定。「Lightning CMS Connect」は6月にベータ版が提供される。

 以下は、Sales Cloud PRMのスクリーンショットだ。