OZレーシング OZ5S PIEGA ホイール ホイール本体 KAWASAKI ZZR1200 ホイール関連 OZレーシング KAWASAKI 通信販売

870110817

OZレーシング OZ-5S PIEGA ホイール ホイール本体 KAWASAKI ZZR1200 ホイール関連 OZレーシング

OZレーシング OZ-5S PIEGA ホイール ホイール本体 KAWASAKI ZZR1200                                                                                                                             ホイール関連 OZレーシング

■商品番号
KA001066-55PG

■商品概要
前後セット
フロントリムサイズ:3.50-17
リアリムサイズ:5.50-17
アルミニウム鍛造
カラー:ゴールドペイント


※OZ-5S PIEGA専用スプロケットは別売です。
※別途部品の変更や調整等が必要になる場合がございます。
他のカラーリングはこちら
別売のスプロケットはこちら

■適合車種
▼KAWASAKI
ZZR1200 02-05



OZレーシング OZ-5S PIEGA ホイール ホイール本体 KAWASAKI ZZR1200                                                                                                                             ホイール関連 OZレーシング KAWASAKI   ZZR1200 02-05 OZレーシング   OZ-5S PIEGA ホイールなどのバイク用品通販はウェビックでどうぞ  ZZR1200 02-05  バイク用品 OZレーシング OZ-5S PIEGA ホイール ホイール本体 KAWASAKI ZZR1200                                                                                                                             ホイール関連 OZレーシング KAWASAKI   ZZR1200 02-05 OZレーシング   OZ-5S PIEGA ホイールなどのバイク用品通販はウェビックでどうぞ  ZZR1200 02-05  バイク用品 KAWASAKI
*他サイトのためヤフーの警告が表示されますがそのままお進みください。
*情報が表示されない場合はメーカお取り寄せ品となります。
強度と重量という2つの相反する難問をクリアしたOZレーシングならではの独特の製法
・製法
素材をプレスによって圧縮成型して製品をつくりあげる製法で、強度が高く粘り強い特性が得られるのが特徴。
完成品の品質は、プレス能力や金型のレ ベルに左右され、プレス能力が高いほど、また圧縮成型された素材がより完成品に近いほど良質な製品に仕上がる。
このホイールには世界トップレベルの鍛造プ レスを駆使し、理想的な形状まで圧縮成型することのできる高度な金型を採用しています。
・素材
製法とは別の次元で素材自信が持つ特性も高品質な製品づくりには欠かすことができない要素です。
鍛造製法に最も適した素材の選択は製品づくりの基礎と言えるもので、十分に吟味した鍛造用アルミニウム素材を採用しています。
・基本デザイン
このスポークデザイン採用の決定理由は、ホイールの剛性・耐久性と軽量化の“バランス性能を追及したもので、まさにトップレベルの軽量化を実現しています。
そしてその結果、生まれるシンプルで精悍なフォルムは純正装着ホイールとは比べるまでもない。
その質感でマシン全体のルックスに独特な個性を演出させるでしょう。
・スポーク構造
スポーク構造は剛性と軽量化を両立するため、回転方向後面を大きく抉(えぐ)った“コの字断面形状を採用。
そのほか側面ポケット加工や軽量穴の設計など、機能性とルックスに対するデザインを徹底的に吟味しています。
・ハブ構造
前後ホイール共に、内部を「くりぬき切削加工」により仕上げた大口径ワンピース・モノコック・ハブ構造。
フロントホイールは一部の車種用を除きディスクフランジを装着しないワンピース構造を基本とし、ディスクローター取付部デザインなども含め、グラム単位の軽量化にこだわり切削加工に手間をかけました。
・リム構造
基本的なリム断面構造は「JWL(*2)」および「JASO(*3)」の規格に順ずるMT型リムを採用。
リム部肉厚は高品質鍛造製法により、一般的なダイキャスト製法(*4)に対して薄く仕上がるため、慣性モーメント軽減に大きく貢献。
そのハンドリング特性の飛躍的な向上は体感性能として現れます。
(*2)ホイールメーカー、国土交通省が定めるホイールの強度規格の事。
(*3)社団法人自動車技術会が定める規格。規格は基本的にJWLに順ずる。
(*4)一般的に鋳造ホイールと呼ばれるもので、純正ホイールのほとんどが該当。
・ダンパーシステム
機能性・耐久性に対して様々な工夫を凝らしたダンパーシステム採用。
ラバーは良質な材質を選択すると同時に余裕ある容量を確保し、ダンパーベアリングも耐久性に優れた大容量タイプを装着しました。
・表面仕上
最終仕上げ処理は耐久性にすぐれた特殊ハードアルマイト。
塗装仕上げとは異なる独特な質感がホイールに主張を与え、モーターサイクルの存在感を変えます。
・構成部品
ホイール本体以外の部品は、すべて超々ジュラルミン素材と呼ばれる7075材を切削加工により製作。
軽量化と機能美にこだわったデザインを追求。(仕上げはブラックハードアルマイトで統一。)

yhzgy yhzgz yhzgu yhzgw yhzgf yhzgg yhzga yhzgi yhzgj yhzah

 朝の通勤時間に、密かにやっているトレーニングあります。

 通勤ルートのあちらこちらに、小さな変化を見つけるためのチェックポイントを設定し、1秒でも2秒でも、そこに目を向けることです。

 立ち止まらずに見てパッとわかるモノ・コトをチェックの対象としています。

 時間的、物理的な拘束はありません。もちろん忍耐や苦痛を強いるものでもありません。ただ注目するだけです。それでも、毎日続けていけば成果が少しずつ現れます。

 というのも、変化に気づくことは、アイデアや企画を考える上で、大切な力になるからです。

 世の中の流れを変える、あるいはマーケットや競合の状態を変える、そして商品を変え、人の気もちを変える。簡単に言えば、新しいアイデアや企画は「何かを変える」ことです。変えたいと思うならば、まず自分自身が変化に敏感である必要があります。

 先入観や常識に支配されていると、小さな変化が視界に入ってこないものです。でも実際にはいろいろなモノゴトは刻一刻と変化しています。その小さな変化に気づく体質を維持するために、僕は毎朝トレーニングしているわけです。

 それでは、僕が設定しているチェックポイントを順に紹介しましょう。

(1)
自宅から駅まで――近所や公園の花木(特に変化豊かな広葉樹)
(2)
自宅の最寄り駅――フリーペーパーが置かれている棚
(3)
電車の中――車内の広告やモニター映像
(4)
乗り換えホームやエスカレーター――駅に貼ってあるポスター
(5)
会社の最寄り駅――軒先の期間限定ショップ(名店が入れ替わりで出店)
(6)
駅から会社まで――雑貨店・CD店・カフェのショーウインドウや店頭ポスター

 どのチェックポイントでも、変化しているところだけ注目します。日々の小さな変化を敏感に感じるためには、花木のチェックは欠かせません。意識し始めると、都会でも玄関先や舗道など、思った以上に花木が多いことに気づかされます。毎朝続けていると、季節の移り変わりも感じられ、爽やかな気もちにもなれます。

 こうしてちょっとしたチェックポイントを設定するだけで、いつも見逃していた変化に自然と気づくようになり、これまでいかにまわりが見えていなかったかが実感できます。

 Salesforceがチャネル販売を支援する新たなツールを「Sales Cloud」に追加した。

 同社は「Sales Cloud Partner Relationship Management(PRM)」アプリを発表した。パートナーやディストリビューター、リセラーの販売実績をより効果的に管理および追跡することが狙いだ。これまで、顧客は多くの場合、Salesforceプラットフォーム上でパートナーのアプリや体験を拡張する必要があった。

 Salesforceのプロダクトマーケティング担当シニアディレクターを務めるGreg Gsell氏によると、同社はCRMから学習したことを、ターンキー(すぐに使える状態の)アプリにまとめたという。

 SalesforceのPRMアプリは数回のクリックでパートナーコミュニティーおよびポータルを構築し、チャネルと直販を統合する機能を顧客に提供する。

 今回のSales Cloud Partner Relationship Managementの発表は、「Einstein High Velocity Sales Cloud」機能のローンチに続くものだ。

 Sales Cloud PRMには、以下の機能が含まれる。

  • チャネルマネージャーがアプリを設定およびデプロイするためのセットアップウィザード「New Guided Setup Wizard」。
  • コンテンツやグラフィックス、動画のコンテンツ管理システム「Lightning CMS Connect」。
  • 「Einstein」AIを使用するコンテンツレコメンデーションエンジン「Einstein Content Recommendations」。
  • 電子メールによるキャンペーンの作成や追跡、分析からカスタマージャーニーを作り出すなど、チャネルマーケティングを支援する「Channel Marketing Automation」。

 Sales Cloud PRMは米国で一般向けに提供が開始されており、メンバー1人につき月額25ドルで利用できる。「New Guided Setup Wizard」「Einstein Content Recommendations」「Channel Marketing Automation」は、2017年後半に提供予定。「Lightning CMS Connect」は6月にベータ版が提供される。

 以下は、Sales Cloud PRMのスクリーンショットだ。